三木

  • 印刷
エンジンルーム内で育つハクセキレイのひな=地域福祉センター三木北
拡大
エンジンルーム内で育つハクセキレイのひな=地域福祉センター三木北
ハクセキレイが巣を作った送迎車=地域福祉センター三木北
拡大
ハクセキレイが巣を作った送迎車=地域福祉センター三木北

 兵庫県三木市内の意外な場所で、鳥のひなが相次いで誕生した。地域福祉センター三木北(同市加佐)の送迎車内ではハクセキレイ、国登録有形文化財の旧玉置家住宅(同市本町2)ではツバメが巣作り。親鳥が懸命に子育てに励む姿が人々の心を癒やしている。

 地域福祉センター三木北の送迎車のエンジンルーム内で、ハクセキレイのつがいが子育てに励んでいる。作られた巣ではひな5羽ほどがすくすくと育っており、同センター職員がわが子のように見守っている。

 ハクセキレイは体長約20センチで、白と黒の羽毛と尻尾を上下に振るしぐさが特徴。同センターでは2週間ほど前から、敷地内を飛び回る姿が目撃されていた。車をめがけて飛んでくることもあったため、「もしや」と思った職員が1日、ボンネットを開いたところ、巣を見つけたという。

 県の元自然保護指導員で学習塾経営の男性(66)=同市=は「中古車販売店などで長期間止まった状態の車に巣を作ることはあるが、運行中の車では珍しい。送迎中の環境が、親鳥による抱卵と大きく変わらなかったのでは」と指摘する。

 同センター長の田中尚美さん(57)は「子育ての様子を見るのが職員の楽しみになっている。元気に巣立ってほしい」と話している。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 50%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ