三木

  • 印刷
斜面に水色の花を咲かせるアジサイ=伽耶院
拡大
斜面に水色の花を咲かせるアジサイ=伽耶院
道路に向かって咲く1株8輪のササユリを見守る谷郷昇さん=三木市吉川町上中
拡大
道路に向かって咲く1株8輪のササユリを見守る谷郷昇さん=三木市吉川町上中
多数のサボテンの花をめでる大西時枝さん(左)=三木市志染町広野1
拡大
多数のサボテンの花をめでる大西時枝さん(左)=三木市志染町広野1

 梅雨に入り、兵庫県三木市内各地で旬の花が見頃を迎えている。伽耶院(同市志染町大谷)では名物のアジサイが満開。雲守院(同市吉川町上中)近くでは自生のササユリが咲き、同市志染町広野1の民家でも丹精したサボテンが一斉に開花した。(井川朋宏)

   ◇   ◇   ◇

■名物アジサイが満開 伽耶院

 伽耶院の南側斜面では、涼やかな水色を中心に無数のアジサイの花が一帯を彩る。周辺の川沿いにも薄紫や白、桃色の花が開花。ゆったりと観賞する家族連れや、カメラを向ける人の姿が見られる。見頃は6月末ごろまで。

 前住職の岡本孝道さん(82)によると、植え始めたのは20年以上前。近くの住民の支援も受けて手入れを続け、年々数を増やしてきたという。

 今年は5月下旬に咲き始め、例年より早く数日前には満開となった。岡本さんは「雨が降るといっそうきれい。多くの人に知られるようになったので、今後も増やしたい」と話している。同院TEL0794・87・3906

   ◇   ◇   ◇

■1株8輪にササユリ咲く 雲守院

 雲守院に向かう道路沿いの山林には古くからササユリが自生。今月上旬、1株から8輪もの薄紅色の花が咲いた。近くに住む男性(68)は「こんなに多いのは初めて。末広がりの八つで縁起がいい」と目尻を下げる。見頃は近日中とみられる。

 男性が幼少期の頃は一帯が水田で、ササユリが広く咲いていた。「田植えの時期はみんなが開花を楽しみにしていた」と振り返る。数十年前に道路が整備されて範囲は減ったものの毎年開花し、昨年は別の株で7輪が咲いたという。

   ◇   ◇   ◇

■丹精のサボテン一斉開花

 同市、大西時枝さん(87)方の庭でこのほど、サボテンの花約30輪が一斉に咲いた。20年以上前から育てているが、同時期にこれほど多く開花するのは珍しいという。

 今月上旬、赤みを帯びた花が空に向かって咲き始めた。開花は1日程度。例年8月ごろまで順次咲くという。

 庭ではほかにも季節ごとに多彩な花を咲かせる。通行人の女性から「いつも楽しませてくれてありがとう」と声を掛けられた大西さんは「花を育てるのは生きがい。散歩する人に見てもらえてうれしい」とほほ笑んだ。

三木の最新
もっと見る

天気(6月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ