三木

  • 印刷
子午線塔時計台の完成記念式典でテープカットを行う関係者=三木市宿原(同市提供)
拡大
子午線塔時計台の完成記念式典でテープカットを行う関係者=三木市宿原(同市提供)
時計台の模型を前に「子午線に関わる古い建造物も大事にしたい」と話す礒野曉男会長=三木市別所町巴
拡大
時計台の模型を前に「子午線に関わる古い建造物も大事にしたい」と話す礒野曉男会長=三木市別所町巴

 ヘルメットなど安全用品を手掛ける東洋物産工業(兵庫県三木市別所町巴)の礒野曉男(あきお)会長(82)が設計、建造した「子午線塔時計台」が同市宿原で完成し、このほど市に寄贈された。国土地理院が2002年に導入した国際基準の日本標準時子午線(東経135度)が通る市内初の建物。「時の記念日」の今月10日、仲田一彦市長ら来賓を招いて記念式典を開いた。(井川朋宏)

 国土地理院は経緯度の決定基準を旧来の「日本測地系」から人工衛星などを基にした「世界測地系」に変更し、子午線は約250メートル東へ移った。礒野会長はこれまで日本測地系が通る建造物を市内で建ててきたが、約10年前、世界測地系が通る民家の敷地など約300平方メートルを取得。水路の迂回(うかい)などの工事も進め、総額約6500万円を投じて完成させた。

 時計台は高さ12メートルの木造瓦ぶき2層で、幅4・2メートル。四方の時計は電波で動き、文字盤は直径2・3メートル。同社建築部の大工らが請け負い、柱はケヤキ、内部はヒノキを使ったほか、下層の壁はスギの板を重ねて張る「鎧壁(よろいかべ)」という伝統的工法を用いた。

 礒野会長は「寺社や城の要素を取り入れ、世界に一つしかない美術建築ができた。子午線の通るまちとして建物が役に立てば」と話していた。

三木の最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 30%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ