三木

  • 印刷
上田顕崇さん(中央奥)から仕舞を教わる子どもたち=御坂神社
拡大
上田顕崇さん(中央奥)から仕舞を教わる子どもたち=御坂神社
上田顕崇さん(右)から仕舞を教わる子どもたち=御坂神社
拡大
上田顕崇さん(右)から仕舞を教わる子どもたち=御坂神社
上田顕崇さん(右)から仕舞を教わる子どもたち=御坂神社
拡大
上田顕崇さん(右)から仕舞を教わる子どもたち=御坂神社
上田顕崇さん(手前)から仕舞を教わる子どもたち=御坂神社
拡大
上田顕崇さん(手前)から仕舞を教わる子どもたち=御坂神社

 兵庫県三木市内などの子どもたちが能楽を体験する「志染能楽仕舞子ども教室」が、同市志染町御坂の御坂神社で開かれている。26日午後5時半からの発表会に向けて、保育園児から小学6年までの17人が神社内の能舞台で8日間の稽古に励んでいる。(大橋凜太郎)

 同市などの能楽愛好家らでつくる実行委員会が主催し、文化庁の伝統文化親子教室事業として実施する。26日には県政150周年記念事業として、発表会に続いて能楽師が「播磨薪能」を上演する。

 4日目の稽古となったこの日は、基本である「仕舞」と「謡」を交互に練習。講師を務める観世流シテ方能楽師上田顕崇さん(25)=西宮市=が「指の先までまねしてごらん」「いつも力が指先まで入っているように」などと助言し、手本を見せると、子どもたちはまねをしながら所作を繰り返した。座り方や立ち方、話を聞く態度まで指導し、自然と背筋が伸びていた。

 子どもたちは目にするもの全てに興味津々。はかま姿の上田さんに「Tシャツは着ないの」と質問し、上田さんが「Tシャツより楽。病院にもこれで行ったよ」と答えると驚いていた。

 平田小5年の男児は「歌に合わせて舞うのが難しい。かっこよくできるように練習したい」と話していた。御坂神社TEL0794・87・3545

三木の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ