三木

  • 印刷
2月に行われた「兵庫五国祭」の様子=かじやの里メッセみき
拡大
2月に行われた「兵庫五国祭」の様子=かじやの里メッセみき

 兵庫県三木市福井、かじやの里メッセみきで15、16日の午前10時~午後4時、兵庫県の主な旧五国のグルメが味わえる「兵庫五国祭」が開かれる。昨年2月に初開催し、4回目。香住カニ(但馬)や淡路島牛丼(淡路)などの飲食に加え、ゲームや体験コーナーも充実し、過去最多の61ブースが並ぶ。(大橋凜太郎)

 兵庫県内の多様な食文化を発信しようと、会場に隣接する「道の駅みき」と、播磨の情報誌「まるはり」を発行する「プラトゥー」、イベント企画運営会社「リアン」でつくる実行委員会が主催。県政150周年記念事業の一環で実施する。

 地元三木(播磨)からは「よかわ錦うなぎ丼」「すき焼きコロッケ」「みき山マロン」などのブースが出る。神戸ワイン(摂津)や篠山牛の肉うどん(丹波)も販売する。

 メダカすくいやティーバッティング、迷路などが楽しめる子ども向けのコーナーも設置。両日とも午前10時~午後3時半ごろ、ノコギリ音楽の「みきノコギリス」など総勢11組のグループが特設ステージで出演するほか、会場内を花魁にふんした劇団員が練り歩くパフォーマンスも繰り広げる。

 入場無料(飲食は有料)。「まるはり」内の実行委員会TEL078・921・5594(平日のみ)。当日はTEL090・5162・9157

三木の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ