三木

  • 印刷
電飾のアーチをくぐる家族連れ=三木サービスエリア上り線
拡大
電飾のアーチをくぐる家族連れ=三木サービスエリア上り線
華やかなチョウをデザインした電飾の前でダンスを披露する子どもら=三木サービスエリア上り線
拡大
華やかなチョウをデザインした電飾の前でダンスを披露する子どもら=三木サービスエリア上り線

 兵庫県三木市大村、山陽自動車道三木サービスエリア(SA)上り線で、期間限定のイルミネーションが点灯している。高速道路のSAでは関西で唯一。白を基調としたチョウや月などのデザインで華やかに彩られ、利用者を楽しませている。来年2月末まで。(井川朋宏)

 おととしと昨年は同SA下り線(同市加佐)で実施したが、上り線では初めて。「美しき、日本の四季」をテーマにしたアーチ状の全長18メートルで、チョウの華やかな羽のほか、竹や藤棚といったデザインも施されている。

 このほど行われた点灯式では、三木金物のPRキャラクター「かんなどん」も駆け付け、利用者らと共にカウントダウン。仲田一彦市長と、同SAを利用した神戸市立北山小学校4年女児(10)がスイッチを押して電飾が輝くと、歓声と拍手が湧いた。電飾の前では子どもらがダンスや歌を披露。おせち料理やサーロインステーキが当たるじゃんけん大会も盛況だった。

 三樹小学校4年女児(10)は「明かりがつく瞬間を見られた。月のデザインがきれいだった」と話していた。

 点灯は午後5~11時。同SA下り線にもハート型などの電飾を設置している。三木SA上り線TEL0794・86・0333

三木の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 4℃
  • 10%

  • 5℃
  • 1℃
  • 50%

  • 9℃
  • 5℃
  • 10%

  • 7℃
  • 3℃
  • 20%

お知らせ