三木

  • 印刷
高校生が描いた作品が並ぶ「原爆の絵展」=中央図書館
拡大
高校生が描いた作品が並ぶ「原爆の絵展」=中央図書館

 兵庫県三木市福井の中央図書館で、広島での被爆体験の証言者からの聞き取りをもとに広島市の高校生が描いた絵のコピーを展示する「原爆の絵展」が開かれている。被爆体験を継承する約30点が並ぶ。9日まで。

 三木の市民有志でつくる実行委員会が初めて、広島平和記念資料館から複製画のデータの貸し出しを受けて開催。黒い雨をトタンでしのぐ子ども▽遺体を積んだトラックが連なる様子▽水を求めて川の中に入る人々-などが描かれ、被爆直後から数日後までの凄惨な光景を伝える。

 実行委代表の田中信一さん(69)は「戦争について考えるきっかけになれば」と話している。

 午前10時~午後6時(9日は同4時まで)。中央図書館TEL0794・83・1313

(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 10℃
  • 6℃
  • 20%

  • 6℃
  • 3℃
  • 80%

  • 10℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 4℃
  • 40%

お知らせ