三木

  • 印刷
法被を羽織って作品を紹介する片山悠也さん=小野市うるおい交流館エクラ
拡大
法被を羽織って作品を紹介する片山悠也さん=小野市うるおい交流館エクラ

 兵庫県三木市に住むダウン症の片山悠也さん(31)の個展が、小野市うるおい交流館エクラ(同市中島町)で開かれている。思いのままに筆を運んだ約30点が並ぶ。3日まで。

 三木市のボランティアグループ「人権書道きらきら」の主催。障害の有無を問わず書を楽しむ催し「きらきら書道」の一環で、出展者の人となりも紹介しようと、初めて個展を企画した。

 会場には「なんども転んで なんども泣いて なんども立ちあがる」と記した作品や、「想」「拓」と力強く表現した書が並ぶ。「祭り」の文字を見ると血が騒ぐという片山さんは、自身の法被や地下足袋なども出品した。

 片山さんについて、指導する藤原常貴さん(68)=同市=は「今後も作品を通して多くの人に親しまれ、書の常識を打ち破っていくと思う」と話す。午前9時~午後10時。無料。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(4月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ