三木

  • 印刷
宮本隆人さんの最優秀作品「蝶が恋する世界」=小野市粟生町
拡大
宮本隆人さんの最優秀作品「蝶が恋する世界」=小野市粟生町
萩原秀和さんの作品「加古川橋梁夕景」=小野市葉多町
拡大
萩原秀和さんの作品「加古川橋梁夕景」=小野市葉多町
松沢広行さんの作品「夕陽に別れを告げて」=小野市市場町
拡大
松沢広行さんの作品「夕陽に別れを告げて」=小野市市場町

 神戸電鉄粟生線沿線の活性化を図ろうと開催している「第6回粟生線ワイズフォトコンテスト」の入賞作品8点が決まった。兵庫県内外から102点の応募があり、最優秀の「あなたが1番で賞」(賞金5万円)には、同県小野市の宮本隆人さん(63)が輝いた。(大橋凜太郎)

 三木市緑が丘町本町1、山本医院の山本篤院長が代表を務める団体「ドクターワイズオフィス」の主催で、昨年8~12月に作品を募集した。

 最優秀の宮本さんは、小野市粟生町の緑豊かな土手に車両を写し込んだところ、偶然黒いアゲハ2匹が舞って来て納まった。悩んだ末に付けたタイトルは「蝶が恋する世界」。「黒アゲハがいなかったら普通の写真。チョウに感謝しないと」と笑った。

 次点の「あなた鉄ちゃんで賞」(2万円)は、小野市葉多町の河川敷から、橋と電車の先頭と夕日が重なる瞬間を捉えた1枚が選ばれた。撮影した姫路市の萩原秀和さん(72)は「何度も足を運び、ようやく撮影できた」と苦労を語った。

 ほかにも、市場駅から発車した電車が、沈む夕日を背に勾配のある鉄橋を進む様子を納めた松沢広行さん(44)=小野市=の作品が「これぞ神戸電鉄で賞」に入賞した。全入賞作は同コンテストのホームページで閲覧できる。

三木の最新
もっと見る

天気(11月14日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 60%

  • 12℃
  • 10℃
  • 80%

  • 18℃
  • 15℃
  • 70%

  • 15℃
  • 13℃
  • 60%

お知らせ