三木

  • 印刷
短刀や脇差、刀などが並ぶ展示=道の駅みき
拡大
短刀や脇差、刀などが並ぶ展示=道の駅みき

 兵庫県三木市福井の道の駅みきで13日、刀剣の展示販売が始まった。各都道府県の教育委員会に美術品として登録されている刀、短刀、脇差など約100点が出品され、訪れる人が美しい色や形に見入っている。14日まで。

 西日本を中心に刀剣の展示即売会を開く美術商「安東貿易」(岡山市)が主催。会場には、平安末期から鎌倉初期にかけて作られた太刀、室町末期の短刀などが並ぶ。柄と刀身の間に装着する鍔や火縄銃もある。

 時代劇や刀が好きという加東市の男性(68)は「刀の反りに心を引かれる」と話し、じっくりと鑑賞していた。

 午前10時~午後5時。入場無料。安東貿易TEL090・7993・0055

(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ