三木

  • 印刷
自ら絵柄や文字を刻んだ限定の御朱印を手にする松下朋央禰宜=御坂神社
拡大
自ら絵柄や文字を刻んだ限定の御朱印を手にする松下朋央禰宜=御坂神社

 新元号「令和」を記念し、兵庫県三木市志染町御坂の御坂神社は今月限定で、霊鳥「鳳凰」や神様の絵柄を刻印した御朱印を授けている。大学で美術系学科を専攻した松下朋央禰宜が、独自に考案した。1部300円。

 松下禰宜は昨年から御朱印に同神社祭神の大国主神の絵を描くようになった。改元に伴って参拝者の増加を見込み、自ら考えた文字と絵のゴム印7種類を作成。和紙に押した御朱印を用意した。「令和」「祝天皇陛下ご即位」といった文字と共に、羽を広げて飛び立とうとする金色の鳳凰、ほほ笑みながら袋を背負い、どっかりと腰を下ろす大国主神が刻まれる。

 1日から参拝者が続々と訪れ、通常は月10人程度のところ、今月は100人に近づくペースとか。都合が合えば、希望者にはその場で絵を描くこともあるという。

 松下禰宜は「遠方から訪れる人もおり、皆さんに喜ばれている。新たな時代をみんなでお祝いしたい思いを込めた」と話していた。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(10月16日)

  • 23℃
  • 15℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 0%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ