三木

  • 印刷
当日販売する人気のパンやイチゴ、手作りの雑貨を手にする利用者=三木市別所町小林
拡大
当日販売する人気のパンやイチゴ、手作りの雑貨を手にする利用者=三木市別所町小林

 兵庫県三木市別所町小林の社会福祉法人まほろばが19日午前10時半~午後3時半、「第26回まほろばカーニバル」を開く。地域交流で障害への理解を深める催しで、毎年約4千人が訪れる恒例行事。多彩な団体が出演するステージのほか飲食の模擬店が並び、人気のパン販売もある。(井川朋宏)

 1987年に設立されたまほろばは、敷地内に就労継続支援や生活介護の3施設があり、知的障害者ら約130人が利用している。

 催しのステージでは、吹奏楽▽獅子舞▽阿波踊り▽ダンス-の各団体が出演。午後3時からの抽選会では、神戸牛やゲーム機、USJ(大阪市)のペアチケットなどの豪華賞品が当たる。模擬店はカレーやラーメン、たこ焼き、ケーキなど飲食の20軒以上が並ぶ。利用者の絵画や習字といった作品展示や、日用品を売るバザーもある。参加者全員にラスクを配布する。

 同法人の施設で作ったパンは割安で販売し、例年長蛇の列ができるという。菓子パンは90円均一、食パンは160円で、午前10時半から3千個、午後1時からは2千個販売する。

 昨年から始まった仮装大会は当日申し込みで、自由な衣装で会場に来てもらい、審査による上位者3人に賞品がある。

 事業所サービス管理責任者の吉田麻未さん(34)は「多数のボランティアに支援してもらい、常連も多い。地域で愛されていると実感する催し」と話す。支援員の常深章子さん(47)は「利用者がとても楽しみにしているので、たくさんの人に来てもらい、施設を知ってほしい」と話した。

 会場には駐車場がなく、市文化会館裏の駐車場と神戸電鉄志染駅で午前9時から随時、会場との間を往復する送迎車を運行する。

 まほろばTEL0794・82・9457

三木の最新
もっと見る