三木

  • 印刷
ミゼットなどの旧車が進んだパレード=ナメラ商店街
拡大
ミゼットなどの旧車が進んだパレード=ナメラ商店街
注目を集めたバナナのたたき売り=ナメラ商店街
拡大
注目を集めたバナナのたたき売り=ナメラ商店街
来場者が次々と挑戦した「うた自慢大会」=ナメラ商店街
拡大
来場者が次々と挑戦した「うた自慢大会」=ナメラ商店街

 兵庫県三木市本町2のナメラ商店街一帯で19日、昭和の雰囲気を堪能する催し「レトロヂ2019」(神戸新聞社後援)が開かれた。「うた自慢大会」やバナナのたたき売りといった多彩なパフォーマンスが披露され、幅広い年代の観衆が詰めかけた。(大橋凜太郎)

 三木城下町まちづくり協議会が主催して7回目。昨年に続いて人気を集めた企画「うた自慢大会」は、人気DJターザン山下さんの司会進行で、市内外の来場者が飛び入りで歌い、会場を沸かせた。小学校教諭を目指す兵庫教育大1年大森有紗さんは「アンパンマンのマーチ」を歌いきり、「アンパンマンみたいに優しい先生に」と、にこやかに志を語った。

 果物店の前では、旅芸人の石原耕さん(51)=京都市=がバナナのたたき売りを実演。「鶴の一声たったの100円」「そちらのお嬢ちゃんが早かった」などと威勢のいい口上を響かせた。最初に購入した男性(54)=加西市=は、紙吹雪が舞う中、バナナ1房を受け取った。「子どもの頃によくたたき売りを見た。何が何でも買いたかった」と顔をほころばせた。

 ステージでは、歌手MAGUMA(マグマ)さんが、「こんなアニメがあったらこんな主題歌になるはず」との思いを込め、架空のアニメソングを次々に披露した。代表曲「焼肉王子」では、ファンの合いの手を誘い、「野菜も食べろよ」という決めぜりふに黄色い歓声が上がった。

 最後は「旧車運転同好会」の協力で、ミゼットやキャロル、スバル360など往年の名車8台が商店街内をゆっくり進んだ。先頭の車には播磨地域を拠点に活動する音楽家の播州一さんが乗り、向けられた多数のカメラにポーズをとって応えていた。

三木の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 32℃
  • 21℃
  • 20%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ