三木

  • 印刷
三木町水害の記録展を企画した米村環さん=中央公民館
拡大
三木町水害の記録展を企画した米村環さん=中央公民館
水害で倒壊した家屋や、死者を収容する様子などを伝える写真(三木町水災誌から)
拡大
水害で倒壊した家屋や、死者を収容する様子などを伝える写真(三木町水災誌から)

 1932(昭和7)年7月2日に旧三木町を襲った水害に関する記録展が、兵庫県三木市本町2の中央公民館2階ロビーで開かれている。死者33人、負傷者約30人、家屋流失は約50戸に上る未曽有の災害だった。主に「三木町水災誌」(1933年刊行)を基に、惨状を生々しく伝える写真や原稿など約30点の史料が展示されている。(井川朋宏)

 企画したのは元三木市職員の米村環さん(58)=三木市。祖父の故和田寅市さんが当時町職員で、水害の救護本部に詰め、後に助役を務めた縁もあり、昨年相次いだ豪雨災害を受けて展示を決めた。

 同誌などによると、水害は前日から降雨が続いた影響で、当日朝に二位谷池、福田池などが相次いで決壊。滑原町、芝町など一帯に被害が及んだという。

 会場では、決壊直後の二位谷池や倒壊した家屋、被害の中心地を上空から捉えた写真が見られる。被害や行政の対応、避難の状況を刻々とつづる日誌も。「三樹小学校百年史」では校庭が被災者向け炊き出しや、犠牲者の合同葬儀場になったことを記す。当時の新聞記事には「さながら生き地獄」「目もあてられぬ水禍」といった見出しが並ぶ。

 米村さんは母成子さん(82)を通じ、祖父が歩いて役場へ向かう途中、土煙を上げて水が流れてきて慌てて逃げた話を聞いた。「自然災害の記録と記憶の伝承は備えの第一歩。広く知ってもらいたい」と語る。

 入場無料。29日まで。午前8時半~午後10時(日曜は午後5時、最終日は同1時まで)。同館TEL0794・82・2007

三木の最新
もっと見る

天気(7月22日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ