三木

  • 印刷
自身が作詞作曲した「下町思暮れ」のCDを発売した宮本とし美さん=三木市福井2
拡大
自身が作詞作曲した「下町思暮れ」のCDを発売した宮本とし美さん=三木市福井2
掛け声の収録に参加する地元有志=三木市福井2
拡大
掛け声の収録に参加する地元有志=三木市福井2

 兵庫県三木市の歌手宮本とし美さんが、自作した曲「下町思暮れ」のCDを発売した。同市下町地区の町並みや人情を歌詞にちりばめた叙情歌。宮本さんは「市外の人が三木に足を運び、市内に住む人が自分たちのまちの良いところに気付くきっかけに」と願っている。(大橋凜太郎)

 2014年発売の「三木待ちブルース/さざんかの人」に続く第2弾。三木待ち-を聴いた同地区の住民がご当地ソングの制作を依頼し、宮本さんが作詞作曲した。市内で音楽教室を開く辻展子さんの編曲で、約2年前から地域の催しを中心に披露してきた。

 カップリング曲の「三木げんき節」は元々、夏休みの恒例イベント「三木げんきまつり」にちなんだオリジナル曲。CD化に合わせ、市全体の応援歌にしようと歌詞を一部変更した。2曲とも地元有志による「ヨイヤサー」などの掛け声が流れる演出が加えられ、三木の風情を醸している。

 CDやポスターに使う題字を書でしたため、掛け声の収録にも参加した男性(72)=三木市=は「待ちに待ったCD化。下町から三木のにぎわいを発信したい」と話していた。

 税込み1300円。イオン三木店(三木市大村)内のCDショップなどで販売している。

三木の最新
もっと見る

天気(10月15日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ