三木

  • 印刷
ニューハードウェア賞に認定された製品。写真中央にある赤い棒状の切断具が金賞に輝いた「ポキポキBOLT」(市提供)
拡大
ニューハードウェア賞に認定された製品。写真中央にある赤い棒状の切断具が金賞に輝いた「ポキポキBOLT」(市提供)

 兵庫県三木市は、市金物振興審議会が新規性や機能性などを審査して選んだ11点を「三木金物ニューハードウェア賞」に認定した。最優秀のグランプリは昨年に続き該当がなかったが、次点の金賞にスターエム(三木市別所町東這田)の「ポキポキBOLT」が輝いた。認定製品はパンフレットに掲載し、全国の取扱店に配布。11月に開催される予定の三木金物まつりで表彰する。(大橋凜太郎)

 金物産業の振興を図って毎年認定。今年は市内11社から16点の応募があった。金賞の「ポキポキBOLT」は、機械などを固定する「アンカーボルト」を切断する工具。これまで大型のハンマーでたたき折ったり、電動工具で切ったりしていたが、ボルトを差し込んだ工具の持ち手を左右に倒すだけで簡単に切断できるようになる。同社は「電源は必要ないので、大きな音や粉じん、火花も出ない」とアピールしている。

三木の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ