三木

  • 印刷
寺田淳子さん(奥)とちぎり絵を楽しむ参加者=自由が丘公民館
拡大
寺田淳子さん(奥)とちぎり絵を楽しむ参加者=自由が丘公民館

 乳幼児と保護者、兵庫県三木市老人クラブ連合会のメンバーら3世代がちぎり絵を楽しむ催しが28日、同市志染町西自由が丘1の自由が丘公民館であった。会場は和やかな雰囲気に包まれ、集まった約40人の笑顔がはじけた。(大橋凜太郎)

 同館は乳幼児教育学級「のびのびじゆうっ子教室」の一環で、世代間交流の場を毎年設けている。同館で和紙ちぎり絵を教える寺田淳子さん(79)=同市=が指導。子どもと同会メンバーはカレンダー大の用紙に桜、若葉、紅葉を木に咲かせ、保護者はリスとフクロウを色紙に描いた。

 子どもたちはのり付けした和紙をどの部分に置くかあれこれ悩み抜いてから、用紙に貼り付けていった。色鮮やかな作品が完成するとガッツポーズや飛び跳ねる様子を見せ、喜びを体全体で表現した。

 女児(2)は「ぺたぺた楽しかった」と上機嫌。子どもを抱くのは二十数年ぶりという男性(68)=同市=は「こんな風にあやした時代もあったなあ」としみじみ語った。

 子どもたちを同会メンバーが巧みにあやす中、保護者は黙々と制作に取り組んだ。同市の主婦(40)は「子どもの相手をしてもらえたおかげで、ちぎり絵に集中できた。子どもたちもうれしそう」と目を細めていた。

三木の最新
もっと見る

天気(8月21日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 30%

  • 29℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ