三木

  • 印刷
開票作業を進める市職員ら=西脇市西脇、市総合市民センター
拡大
開票作業を進める市職員ら=西脇市西脇、市総合市民センター

 21日に投開票された参院選の兵庫選挙区では、維新現職の清水貴之氏がトップで再選を果たし、公明新人の高橋光男氏、自民新人の加田裕之氏が続いた。神戸新聞社が西脇、三木、小野、加西市で実施した出口調査では、支持政党を自民と答えた人が30・4%と最も多かったが、投票先は選挙区、比例代表共に維新が自民を上回った。

 投開票日の出口調査は、西脇市の和田町公民館、三木市の市民活動センター、小野市の小野小学校、加西市の北条小学校の4カ所で行い、10代~70代以上の男性68人、女性57人の計125人から回答を得た。

 支持政党は自民を最多に、維新18・4%、立民8・8%、公明8・0%、共産2・4%と続き、支持政党なしが26・4%だった。

 支持政党と比例の投票先との関連では、自民が支持者の60・5%を獲得したが、18・4%が維新に流れた。一方、維新は69・6%を固めたが、17・4%が自民へ。公明は100%、立憲は90・9%を押さえた。無党派層は30・3%が維新、24・2%が立民、18・2%が自民に投じ、公明が9・1%、国民、れいわが6・1%だった。

 重視した政策は「子育て・少子化対策」が22・4%と関心を集め、「景気・雇用」が21・6%、「年金・老後資金」が20・8%とほぼ横並びになった。「消費税など税制」は8・8%、「介護・医療」と「憲法」はいずれも7・2%、「外交・安全保障」は6・4%にとどまった。

 投票先は、憲法改正に前向きな自民、公明、維新の「改憲勢力」が選挙区、比例共に約7割を占めたが、「安倍晋三首相の下での憲法改正」についての設問では、「反対」が37・6%と4割に近く差異が生じた。「賛成」「分からない」は共に31・2%だった。(長嶺麻子)

三木の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 10%

  • 25℃
  • 21℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ