三木

  • 印刷
夕暮れの中、ヒット曲「小さな恋のうた」を熱唱するキヨサクさん=三木山総合公園
拡大
夕暮れの中、ヒット曲「小さな恋のうた」を熱唱するキヨサクさん=三木山総合公園
「この町をどげんかせんといかん」と題して講演したタレントの東国原英夫氏=三木山総合公園
拡大
「この町をどげんかせんといかん」と題して講演したタレントの東国原英夫氏=三木山総合公園
鍛冶屋体験を楽しむ親子連れ=三木山総合公園
拡大
鍛冶屋体験を楽しむ親子連れ=三木山総合公園

 日本青年会議所(JC)近畿地区兵庫ブロック協議会の第52回兵庫ブロック大会「兵庫チャレンジフェスタin三木」が7日、兵庫県三木市福井の三木山総合公園などで開かれた。県内25会議所の持ち回りで、三木では21年ぶりの開催。音楽バンドのステージのほか、各地特産のグルメ販売、三木金物を使ったものづくり体験など約60ブースが並び、家族連れらでにぎわった。(井川朋宏)

 三木工業協同組合青年部のブースでは鍛冶屋体験や飾り棚、箸を作るコーナーを用意。同部メンバーのサポートで、子どもたちが懸命にかんなやのこぎり、金づちを使って制作に打ち込んでいた。北播磨地域の各高校も参加し、ドーナツやマドレーヌなどをブースで販売。初心者向けゴルフ「スナッグゴルフ」の体験コーナーも幅広い世代が訪れていた。

 ステージでは、三木市出身のタレント武田訓佳さんが司会を担当。予選を通過した県内高校生4組のバンドが出演、オリジナル曲の完成度を競った。JCメンバーらによる評価で、頂点に立ったのは飾磨高校(同県姫路市)の男女5人組「ステラ」。それぞれ拳を突き上げ、抱き合って喜び合った。今後、曲を録音し、インターネットを通じて配信されるという。メンバーの細岡希夢さん(3年)は「部活動の最後だと思ってテンションを上げ、今までで1番いい演奏ができた」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 シンガー・ソングライターのオカダユータさんの公演に続き、人気バンド「モンゴル800」のボーカル・キヨサクさんが登場。ウクレレの弾き語りで「あなたに」をゆったりとしたリズムで披露し南国風情を漂わせた。合間には「お世辞抜きで沖縄より暑い」「まだまだ夏を諦めないでください」と語り、会場を盛り上げた。最後にヒット曲「小さな恋のうた」で伸びやかな歌声を響かせ、親子らは手拍子をしたり口ずさんだりしていた。

 モンゴル800のファンという自由が丘小学校4年の女児(三木市)は「生演奏が聴けて、動画より迫力があった」と声を弾ませた。

 ほかに、市文化会館(三木市福井)では、タレント東国原英夫氏が講演。宮崎県知事時代などを振り返り、軽妙な語り口で市民らの笑いを誘った。

三木の最新