三木

  • 印刷
大工のこだわりが見られる栄町の屋台=2018年10月、大宮八幡宮
拡大
大工のこだわりが見られる栄町の屋台=2018年10月、大宮八幡宮
90年間伝統の屋台を受け継ぎ、威勢よく担ぐ高木の氏子たち=2018年10月、大宮八幡宮
拡大
90年間伝統の屋台を受け継ぎ、威勢よく担ぐ高木の氏子たち=2018年10月、大宮八幡宮

 トン、トトン…。薄暮の城下町を、夕げの香りと太鼓の音が包む。秋祭りの季節が到来した兵庫県三木市内の各地区で練習に熱が入る。

 播州三大祭りの一つとうたわれる大宮八幡宮(三木市本町2)の秋祭りも、いよいよ12日に夜宮を迎える。急勾配の石段を登って宮入りする姿は勇壮で美しい。屋台愛好家の横山隆史さん(71)=三木市=らに話を聞き、8台を紹介する。(井川朋宏、大橋凜太郎)

■木肌見せるこだわりも<栄町>

 屋台を持つようになったのは1961年と、その歴史は新しい。それまで大宮八幡宮(三木市本町2)の秋祭りには獅子舞などで参加していたが、住民の中から「自分たちの屋台を」と強い要望があったという。旧多可郡中町の中古屋台を購入し、三木の屋台の形状に合わせて布団屋根や担ぎ棒などを改造した。

 1カ町で担ぐとあって、団結力の高さを口にする人も多い。区長の岩崎和成さん(66)=三木市=は「皆、昔からの顔なじみ。友達付き合いの延長で祭りにも参加している」と話す。祭りの前には地区内で専門の組織を立ち上げ、遠方の氏子らも加わって準備をするという。宮入りの際には紙吹雪をまく演出もあり、岩崎さんは「和気あいあいと、安全で楽しい祭りにしたい」と期待する。

 2002年には新調に近い大改修をした。宍粟市山崎町の大工が手掛け、金具で覆われることの多い布団台や隅木はあえて木肌を見せるなど、随所にこだわりが見られる。

■90年の伝統 名工が制作<高木>

 大宮八幡宮の御旅所があり、唯一別所地域にある高木は、夜宮では最後に宮入りする。1929年に姫路の名工が制作した屋台は、平屋根で厚みのある深紅の布団が目を引く。明石町の屋台の影響を受けているという。

 布団締めは各面にシャチの雌雄が向かい合う。布団台の金具3段は上から松竹梅を刻む。水引幕は城を挟み、武将が竜とにらみ合う絵柄。高欄掛けは大蛇やイノシシ、ヒヒの退治と源義経の八艘飛びも。金糸が多く豪華だ。

 狭間彫刻は川中島の戦いや忠臣蔵といった有名な歴史の場面が施される。外観は当初とほぼ変わらず。運営を支える「鯱会」会員で金物職人の光川大造さん(58)は「昔の職人が手掛けた良いものを受け継ごうと、修復を重ねて使い続けている」と語る。

 太鼓は場面ごとに指示役の合図でペースを変え、両手で打つ回数が多いのが特徴。宮出の際は近年、屋台を高く差し上げたまま180度回転させる「差し回し」を披露する。氏子が力を結集する見せ場だ。

三木の最新
もっと見る

天気(11月20日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ