三木

  • 印刷
輝く梵天が目を引く平田の屋台=2018年10月、大宮八幡宮
拡大
輝く梵天が目を引く平田の屋台=2018年10月、大宮八幡宮
命綱を使わない迫力の石段上りを見せ、宮入りのフィナーレを飾る大村の屋台=2018年10月、大宮八幡宮
拡大
命綱を使わない迫力の石段上りを見せ、宮入りのフィナーレを飾る大村の屋台=2018年10月、大宮八幡宮

 トン、トトン…。薄暮の城下町を、夕げの香りと太鼓の音が包む。秋祭りの季節が到来した兵庫県三木市内の各地区で練習に熱が入る。

 播州三大祭りの一つとうたわれる大宮八幡宮(三木市本町2)の秋祭りも、いよいよ12日に夜宮を迎える。急勾配の石段を登って宮入りする姿は勇壮で美しい。屋台愛好家の横山隆史さん(71)=三木市=らに話を聞き、8台を紹介する。(井川朋宏、大橋凜太郎)

■刺しゅうの名人手掛けた逸品 継承される高欄掛<平田>

 電飾で輝きを増す伊勢エビの梵天が平田の屋台のシンボル。屋台愛好家の横山隆史さん(71)によると梵天は反り屋根の特徴で、平屋根の屋台を飾ることはまずないという。その起源は1965年ごろにさかのぼる。台風の被害で屋台蔵もろとも損壊し、反り屋根の中古屋台を購入。78年に平屋根に改修した際に梵天を引き継いだ。

 平家物語の名場面「宇治川の先陣争い」を表現した高欄掛は、刺しゅうの名人「絹常」が手掛けた逸品。長年使い続けて傷んでいるが、修復を重ねて大切に受け継がれている。繊細な彫刻は、名工松本義廣作とされる。

 例年は昼宮のみの宮入りで、夜宮への参加を熱望する声が強かった。今年は改元を記念して両日宮入りする予定で、担ぎ手の意欲と興奮は最高潮に達しているという。区長の西馬英雄さん(60)は「新しく引っ越してきた方も積極的に参加してくれている。初めてのことで不安はあるが、持ち前の団結力で頑張ってくれるはず」と信頼を寄せている。

■明治の名高い彫刻師制作 狭間彫刻も自慢<大村>

 赤い布団屋根にあしらわれた黒帯に、金色の昇竜が浮かぶ大村の屋台。1998年に大改修されたが、元はといえば、明治時代の作品だそうだ。明治中期に名高い彫刻師が制作した狭間彫刻も自慢。水引幕を彩る大蛇の目玉は震動で動く仕掛けで、電飾は太鼓のリズムに合わせて点滅し、宮入り、宮出の時は上下に流れるように光る。

 氏神は禰御門神社で、昭和初期ごろには大宮八幡宮にも宮入りするようになったという。昼宮の8台で、最後にして最大の見どころは、唯一“命綱”をつけない、恐れ知らずの石段上り。担いで上るだけでなく、前へ押す力も必要で、随所に工夫が凝らされる。

 担ぎ棒は短めで硬く、しなりにくい。屋台を平行に近づけるため、上りは後方で身長180センチ級のつわものたちが支える。屋台運行責任者で金物卸会社役員、池内一弘さん(51)は感慨を込める。「他にはまねのできない運行に自信を持っている。毎年、上りきった時の歓声と拍手は心に響く」

=おわり=

三木の最新
もっと見る

天気(12月14日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 20%

  • 13℃
  • 2℃
  • 50%

  • 15℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ