三木

  • 印刷
北播磨ピザを手にする女子生徒ら=神戸市北区山田町小部、はっぱや神戸野菜ごはん
拡大
北播磨ピザを手にする女子生徒ら=神戸市北区山田町小部、はっぱや神戸野菜ごはん

 北播磨の6高校が考案した「北播磨ピザ」が26、27日、兵庫県三木市志染町三津田の三木総合防災公園で開かれる「北播磨『農』と『食』の祭典」で販売される。6市町自慢の特産品が具材で、なすやジャガイモ、和牛など地域の名産が一度に楽しめる。

 6校は社(加東市)、小野(小野市)、播磨農業(加西市)、西脇北(西脇市)、三木北(三木市)、多可(多可町)の各高校。

 社高生活科学科で地方創生の課題研究に取り組む3年生5人が5月、北播磨全域を元気にしたいと企画。6市町の特産品を具材に、ピザの上で北播磨をアピールしようと、交流のあった5校に声を掛けた。

 各校で名産を探し、加東はたきのなす、小野はイチジク、加西はジャガイモ「はりまる」、西脇は黒田庄和牛と金ゴマ、三木は給食にも出る「かじや風カレー」、多可は播州百日どりを使うことに決めた。

 ピザ作りは、神戸市北区でレストラン「はっぱや神戸野菜ごはん」を経営する加古憲元さん(37)に教わった。小野市出身で社高OBという縁で、女子生徒は8月、店でピザの生地作りを練習。校内でも試作を重ねマスターした。

 24日は社高の生徒3人が、加古さんの店で当日と同じピザを作り、試食。加古さんは「生まれ故郷の北播磨を生徒たちと盛り上げたい」。具材を盛り付けた女子生徒(17)=加東市=は「6校の思いが詰まったピザ。たくさんの人に味わってほしい」と話した。

 午前10時~午後4時。1枚千円。2日で100枚を焼く。祭典実行委員会事務局TEL0795・42・9420

(笠原次郎)

三木の最新
もっと見る

天気(12月16日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 10%

  • 14℃
  • 0℃
  • 0%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ