三木

  • 印刷
フェレイラ・ポリカルポ・ロビンソンさん(上)に見守られ、福笑いに挑戦した妻ジェッシカさん=旧玉置家住宅
フェレイラ・ポリカルポ・ロビンソンさん(上)に見守られ、福笑いに挑戦した妻ジェッシカさん=旧玉置家住宅

 がんとの闘病を乗り越え、支えた妻と異国で再び挙式-。兵庫県三木市在住のブラジル人夫妻を迎えた和風の結婚式「古民家ウエディング」が14日、同市本町2の大宮八幡宮と旧玉置家住宅であった。伝統的な神前式や正月遊びの催しがあり、来日後に苦境を味わった夫婦の船出がにぎやかに祝われた。(井川朋宏)

 同市と市観光協会による外国人対象の企画で2度目。夫妻は、2012年に結婚したフェレイラ・ポリカルポ・ロビンソンさん(35)とジェッシカさん(28)で、三木小1年の息子マテウス君がいる。1991年に来日した叔母が市内に住む縁で、仕事を求めて昨年4月、移住してきた。間もなくロビンソンさんに皮膚がんが見つかり、手術を経て1年余り治療してきた。2人とも現在、同県小野市の食品工場に勤める。

三木の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ