三木

  • 印刷
販売を開始したクラフトビール「ハル」を手にする垂井健さん(右)と妻明子さん=三木市志染町西自由が丘1
拡大
販売を開始したクラフトビール「ハル」を手にする垂井健さん(右)と妻明子さん=三木市志染町西自由が丘1

 生大麦粉などの販売店・こなや(兵庫県三木市志染町西自由が丘1)が21日、三木産の大麦を100%使用したクラフトビール「ハル」の販売を始めた。構想から3年で商品化がかない、同店を経営する垂井健さん(72)は「ようやくこぎ着けた。このビールを片手に大勢で楽しんでもらえたらうれしい」と声を弾ませる。

 7年前、自宅の隣に「こなや」を開業した垂井さん。当初は仕入れて販売するのみだったが、数年後には同市志染町戸田の農家の協力を得て二条大麦の種を植えるようになった。

 栽培しているのがビールの製造に適した品種だったため、3年前から商品化に向けて独学で製法を学んだ。自作した麦芽は品質にばらつきがあったため、栃木県の会社に製麦を依頼。明石市の地ビール店「明石麦酒工房 時」が醸造したものを買い取って販売する形になった。

 品種名「ミハルゴールド」にちなんで命名された「ハル」はこの日、店に訪れた客が次々に飲み干した。フルーティーな香りや癖のなさが特徴で、酒が苦手な人でもおいしく飲めるという。材料の生産から全行程を三木市内で完結させる夢もあり、既にホップを同市内で栽培する計画が進んでいる。

 垂井さんは「飲んだら車に乗れないので、神戸電鉄粟生線の活性化にもつながれば」との期待も寄せていた。ビールは20リットルたるで3万円。栓付きの容器を持参すると300ミリリットルにつき700円で買える。こなやTEL0794・85・7478

(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(3月29日)

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ