三木

  • 印刷
多彩な表現の水墨画が並ぶ展示会=市役所みっきぃホール
拡大
多彩な表現の水墨画が並ぶ展示会=市役所みっきぃホール

 兵庫県三木市水墨画同志会の展示会が20日、市役所みっきぃホールで始まった。主に市内に住む愛好家の会員23人が、思い思いの題材で繊細に表現した83点を出品した。26日まで。

 同会は同市高齢者大卒業生らを中心に2017年春に発足し、展示会は3回目。月1回、緑が丘町公民館で集まり、持ち寄った作品の批評などをしている。

 会場には、細部まで丁寧に描かれた五重塔や、勇ましい虎の後ろ姿、趣のある雪景色といった掛け軸や額入りの作品が並ぶ。えとのネズミをあしらうなどした色紙もずらりと並ぶ。

 副会長の村上宗司さん(79)=三木市=は「墨と水で多彩な表現ができるのが魅力で、会員の腕前は年々上達している。もっと水墨画を広く知ってもらいたい」と話した。

 午前9時~午後5時(最終日は正午まで)。(井川朋宏)

三木の最新
もっと見る

天気(7月5日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 50%

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ