三木

  • 印刷
竹筒で温めた日本酒が振る舞われた=慈眼寺
竹筒で温めた日本酒が振る舞われた=慈眼寺

 かまどの神様に家内安全や商売繁盛を祈る伝統行事「三宝荒神祭」が28日、兵庫県三木市久留美の慈眼寺で営まれた。次々と訪れた市民らがお札やお守りを求め、配られた日本酒を味わった。

 三宝荒神は仏・法・僧を守る神様で、火を鎮めて災難をはらうとされる。催しは毎年1月28日に行っており、境内近くのお堂では、三宝荒神を描いたお札や交通安全のお守りが授与された。竹筒で温めた日本酒の振る舞いもあり、参拝者は竹製のおちょこに注がれた酒を一気に飲み干した。終盤には餅まきもあった。

三木の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ