三木

  • 印刷
新たに企画した若者向け公募展をアピールする職員=堀光美術館
拡大
新たに企画した若者向け公募展をアピールする職員=堀光美術館

 兵庫県三木市上の丸町の堀光美術館は今夏、13~19歳を対象に絵画と木彫りの作品を募る「アート・ティーン公募展」を始める。昨年まで開催していた全国公募の「アート・フェス公募展」は取りやめ、将来を担う次世代の育成に力を入れる。

 アート・フェスは、市民が文化に親しむ機会を増やそうと1999年に始めたが、県外からの応募が増える一方で市内の応募は減少。地域に根ざす美術館としての役割を模索する中で、方向性を変えることにした。

 アート・ティーンは、子どもの頃からものづくりに取り組む経験をしてもらおうと企画。木彫の制作を通して三木の金物に親しんでほしいとの願いもある。近隣からの応募を促すため、美術館に直接持参した作品のみを受け付ける。

 作品は7月18、19日午前10時~午後4時に受け付け、同美術館の職員らでつくる実行委員会が審査。入賞・入選作品は同25日~8月10日に同館で展示する。

 横山正明館長は「身近にあるものを観察し、時間をかけてつくったものを出品してほしい」と期待する。

 絵画の部はF10号サイズのみ。木彫の部はタテ、ヨコ、高さの合計が100センチまでで、重さは20キロ以内。出品料500円で、いずれかの部門に1人1点出品できる。堀光美術館TEL0794・82・9945

(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(6月7日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ