三木

  • 印刷
休校中の緑が丘東小学校。子どもたちの声が校庭にこだまするのは新年度になりそうだ=三木市緑が丘町東4(撮影・大橋凜太郎)
休校中の緑が丘東小学校。子どもたちの声が校庭にこだまするのは新年度になりそうだ=三木市緑が丘町東4(撮影・大橋凜太郎)

 兵庫県三木市と市教育委員会は13日、新型コロナウイルス感染症の防止のため、小中学校や特別支援学校の臨時休校期間を24日まで延長することを決めた。市立幼稚園や認定こども園、保育所は受け入れを継続するが「できる限り自宅で」と要請。いずれも卒業式は規模を縮小して開催する。

 休校延長に伴い、市教委は春休み期間の25、26日を登校日に設定。いずれかの午前中に登校し、来年度の準備や学習指導を行う。児童・生徒数の多い学校は学年別に登校日を分ける「分散登校」で対応。24日までの課題は16~18日をめどに各家庭へ配布し、未履修分は次年度に持ち越す。

三木の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 18℃
  • 40%

  • 25℃
  • 20℃
  • 50%

  • 25℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ