三木

  • 印刷
3月に整備された「ツツジの小道」=三木山森林公園
拡大
3月に整備された「ツツジの小道」=三木山森林公園

 兵庫県三木市福井の三木山森林公園に、コバノミツバツツジを観賞するための遊歩道約200メートルが整備された。穏やかな陽気の下、花をめでながら散歩が楽しめる。

 同公園では、茶室周辺の「つつじ尾根」にコバノミツバツツジが群生する。2018年度には、日当たりをよくするために周辺の木を払い、遊歩道を設けて「ツツジの小道」と名付けた。今年3月にも別の場所に小道を造り、観賞しやすい環境を整えた。

 二つの小道はまだ花盛りとはいかないが、日当たりが良く、花芽が付きやすくなった。年数を重ねるごとに、花の数が増える見込みという。

 例年は3月20日頃に開花し、ゴールデンウィークまで残っていることも。今年は3月上旬に咲き始め、既に散った木もあるが、4月上旬まで見られるという。樹木医の梅木伸一郎さん(67)は「花も良いが、つぼみもきれい。木によって色の濃さが異なるので、違いを楽しんで」と話している。三木山森林公園TEL0794・83・6100

(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ