三木

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 1日の新型コロナウイルス感染者数としては過去最多の38人が確認された兵庫県。県などによると、北播磨地域では9日、加東健康福祉事務所管内に住む10歳未満の小学生男児と30代会社員男性の感染が判明した。10歳未満の感染確認は県内では初めてで、同福祉事務所管内の感染者は計4人。県は濃厚接触者について調査している。

 県によると、3日に30代男性が発熱し、男児はせきの症状が出た。2人は7日に医療機関を受診。9日にPCR検査で陽性反応が出たが、いずれも軽症という。

 県内で感染が相次ぐ中で何に気を付ければいいか。

 感染予防として大切なのは、石けんを使ったこまめな手洗いやアルコールによる手指消毒▽くしゃみやせきをする際にマスクやハンカチ、肘の内側で口や鼻を押さえる「咳エチケット」▽十分な睡眠の確保▽定期的な換気-などだ。

 個室など換気の悪い密閉空間、多く人が集まる密集場所、近くで会話をする密接場面。集団感染を起こしやすいとされる三つの「密」を避けることを特に注意したい。

 国は「相談・受診の目安」を(1)37・5度以上の発熱や風邪症状が4日以上続く(2)強い倦怠感や息苦しさがある-とする。一般的に妊婦が肺炎にかかると重症化する恐れがあるとされる。妊婦や高齢者、持病のある人は、発熱や風邪の症状が2日ほど続いた時点で加東健康福祉事務所内にある「帰国者・接触者相談センター」に連絡して病院を受診してほしい。(篠原拓真)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 40%

  • 24℃
  • 16℃
  • 40%

  • 26℃
  • 19℃
  • 40%

  • 26℃
  • 17℃
  • 40%

お知らせ