三木

  • 印刷
マスク作りの下準備をするボランタリー活動プラザみきの職員=市民活動センター
拡大
マスク作りの下準備をするボランタリー活動プラザみきの職員=市民活動センター

 三木市社会福祉協議会(兵庫県三木市)の「ボランタリー活動プラザみき」は7日から、布マスク製作のボランティアを募集する。2千枚を目標に、地域のグループなどを通じて高齢者らに配る。(大橋凜太郎)

 新型コロナウイルス感染症の拡大でマスクの入手が困難になる中、同プラザは布マスクの手作りと配布事業を企画。重症化リスクが高い高齢者に優先配布することにした。

 播州織の生地とゴムひもを用意し、裁断やひものカットといった下準備を職員が担当。同プラザが入る市民活動センター(三木市末広1)が休館中のため、協力者には材料を渡して、自宅で縫ってもらう。

 回収したマスクは除菌して一つずつ袋詰めし、メッセージカードも添える。同プラザの黒井一寿所長は「みんなが安心して過ごせるように一刻も早い終息を願っている」と話した。

 募集期間は6月30日まで。事前に電話で必要数を申し込み、市民活動センターか同協議会よかわステーション(同市吉川町大沢)で材料を受け取る。ボランタリー活動プラザみきTEL0794・83・0090、よかわステーションTEL0794・72・2940

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 90%

  • 27℃
  • ---℃
  • 90%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ