三木

  • 印刷
パソコン越しに指導する大礼有里さん=パソノワ
拡大
パソコン越しに指導する大礼有里さん=パソノワ
ビデオ通話で進む授業=パソノワ
拡大
ビデオ通話で進む授業=パソノワ

 緊急事態宣言を受けて多くの習い事教室が休校となる中、兵庫県三木市志染町西自由が丘1のパソコン教室「パソノワ」は、オンラインに切り替えて授業を続けている。ビデオ通話でつながって、話を弾ませながら知識を蓄えている。(大橋凜太郎)

 同教室は代表の大礼有里(おおれいゆり)さん(52)=三木市=が2017年に開設。児童にプログラミングを教え、高齢者向けには「脳若(のうわか)トレーニング」を開講し、認知機能の向上をサポートしている。

 新型コロナウイルス感染症を巡っては、緊急事態宣言後に教室を閉鎖。ビデオ通話を使った指導に切り替えたが、機器のトラブル対処が難しいことを除けば、スムーズに進められているという。

 脳若トレーニングは60~70代の8人が男女別に受講し、タブレット端末を使って取り組む。女性5人が参加した日には、画面に表示された英単語と絵を覚える短期記憶のトレーニングや、六つの字から性質の違うものを探すクイズなどに挑戦した。

 受講した女性(78)=同市=は「外にあまり出られないので、人とつながると気持ちが解放される」と声を弾ませた。

 大礼さんは「今のように、外に出られないときこそデジタル機器を使えることが重要になってくるので、シニア世代もぜひチャレンジしてほしい」と話していた。パソノワTEL0794・88・6686

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 60%

  • 16℃
  • 7℃
  • 10%

  • 16℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ