三木

  • 印刷
図書館のホームページでダウンロードできる塗り絵(こゆりさん提供)
拡大
図書館のホームページでダウンロードできる塗り絵(こゆりさん提供)
「アマビエちゃん」塗り絵の見本(こゆりさん提供)
拡大
「アマビエちゃん」塗り絵の見本(こゆりさん提供)

 兵庫県三木市は図書館のホームページ(HP)で、疫病よけの妖怪を題材にした「アマビエちゃん」などの塗り絵を公開している。新型コロナウイルス感染症による臨時休校中の子どもたちに楽しんでもらおうと、同市出身のイラストレーターこゆり(本名・菊沢小百合)さん(49)=大阪府大東市=が提供した。

 感染症の影響で市内の図書館は臨時休館が続いたが、中央、吉川の両図書館は11日から予約制の貸し出しを再開した。公民館にある青山図書館は今も休館中だが、職員が「自宅で過ごしている子どもたちのために、何かできることを」と塗り絵の公開を発案。こゆりさんに依頼し快諾を得た。

 HPでダウンロードできる塗り絵は3種類。半人半魚の妖怪を愛らしい姿にアレンジした「アマビエちゃん」や、三木金物のキャラクターをあしらったイラストがある。

 感染症の収束を願い、拡大を防止する「新しい生活様式」を紹介するチラシも作ったこゆりさん。「私は絵を描くことしかできないが、こんな時だからこそ、かわいいイラストで和んでもらいたい」と話している。(大橋凜太郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(7月5日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 30%

  • 28℃
  • 23℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

お知らせ