三木

  • 印刷
作・吉田士郎
拡大
作・吉田士郎

 原子力発電所の元技術者で、64歳から独学で木版画を制作する吉田士郎さん(78)=兵庫県小野市=の作品を紹介します。

 播州平野をひた走るディーゼルカーが、田園地帯にある播磨横田駅に入ってきた。駅は集落の外れにあり、周囲には田んぼが多くのどかなところだ。北条鉄道の駅に多いことだけれど、「こんな所に駅があるの?」と毎回、感心してしまう。

 作品の基になる写真を撮ったのは、夏の日の午前中。車両は1時間に上下1本ずつ。待つ間、光や影の具合を確かめ、じっくりと構図を練った。

 汗をぬぐいながら待っていると、紫色の車両が姿を見せた。ホームにはちょうど女性の乗客が1人。いてくれてよかった。駅前の田んぼの苗は、青々と茂っていた。爽やかな青空に雲が浮かび、夏らしさを出せた。(聞き手・笠原次郎)

三木の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ