三木

  • 印刷
作品を出品した井関春龍さん(左)と宮田雲鶴さん=堀光美術館
拡大
作品を出品した井関春龍さん(左)と宮田雲鶴さん=堀光美術館

 堀光美術館(兵庫県三木市上の丸町)が、新型コロナウイルス感染症の影響で延期になった企画展の一部作品を順次展示する。2階展示室には、既に市美術協会の日本画・書部会員が制作した5点を展示。7月からは、1階展示室に木彫や日本画などを並べる。(大橋凜太郎)

 同美術館では同感染症の影響で、4月上旬~9月下旬の企画展六つが来年に延期となった。準備を進めてきた作家の熱意に報いようと、作品の一部を展示することにした。

 同協会書部会理事の宮田雲鶴(本名・芳数)さん(71)=三木市=は、無心で滝を描いたという墨彩を出品。同じく理事の書家井関春龍(本名・絵美佳)さん(29)=同市=は画仙紙に「愛」としたためた。

 井関さんはコロナ禍で苦境に立たされながらも奮闘する飲食店や自治会の人々の姿に心打たれ、人とのつながりや心の温かさをテーマに力強く書に表した。外出自粛期間には会員制交流サイト(SNS)で作品を発表する機会もあったといい「ネットを活用し、若い世代に三木の芸術文化をアピールできる」との思いも強めたという。

 午前10時~午後5時(月曜休館)。入場無料。入館の際はマスクを着用し、連絡先を記入したカードを提出する。堀光美術館TEL0794・82・9945

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ