三木

  • 印刷
開催取りやめを決めた金物まつり実行委員会=三木市提供
拡大
開催取りやめを決めた金物まつり実行委員会=三木市提供
昨年、三木金物の展示・直売の会場となった総合体育館は、金物鷲もお目見えし、買い物客でにぎわった=2019年11月2日、三木山総合公園
拡大
昨年、三木金物の展示・直売の会場となった総合体育館は、金物鷲もお目見えし、買い物客でにぎわった=2019年11月2日、三木山総合公園

 兵庫県三木市最大の催しで、産業と文化の祭典「三木金物まつり」の実行委員会はこのほど、11月7、8日に開催を予定していた同まつりを中止すると発表した。新型コロナウイルス感染症の終息が見込めない現状を受けて判断したといい、担当者は「残念だが、安全を最優先にすると開くことはできない」と肩を落とした。

 同まつりは1952年に「三木金物見本市」として始まった。84年からは現在の名称で毎年催されている。実行委事務局によると、同まつりの中止は昭和天皇の病状が悪化して開催を自粛した88年以来といい、2回目とみられる。

 昨年から三木山総合公園とその周辺に会場を移した同まつり。金物を組み合わせて作る「金物鷲(かなものわし)」の披露を楽しみにする人も多かったが、25日に開かれた実行委会合で開催断念を決定した。

 事務局を務める市商工振興課の小山智史課長は「今後の状況によるが、来年の金物まつりを楽しみに待ってもらいたい」と話した。(篠原拓真)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 27℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 90%

  • 26℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ