三木

  • 印刷
三木市役所=三木市上の丸町
拡大
三木市役所=三木市上の丸町

 兵庫県三木市は教職員の勤務時間外の業務を減らすため、市立小中学校と特別支援学校に留守番応答電話を導入することを決めた。夕方以降は翌朝まで応答メッセージが流れる仕組み。担当者は「負担を減らすことで、教員が子どもと向き合う時間を少しでも多く確保してもらいたい」と話す。緊急時は市教委や警察などに連絡するよう求める。

 国は教職員の時間外勤務について、月45時間、年間360時間を上限とする指針を策定した。三木市では2019年4月~20年1月に、小学校教員の時間外勤務は平均月34時間。中学校教員は平均月41時間15分だった。

 これまで市教委は、週1回以上の定時退勤日や週2日以上のノー部活デーを設け業務改善を図ってきたが、さらなる取り組みが必要として、他市を参考に自動応答電話の設置を決めた。

 運用は9月1日から。留守番電話による応答時間は、登校日である平日は小学校=午後5時45分~午前7時半▽中学校=各校で定める生徒完全下校時間の1時間後~午前7時半▽特別支援学校=午後5時15分~午前7時-とした。土日祝日や年末年始はいずれも終日。春休みや夏休みなどの長期休業中は午後4時45分~午前8時15分という。

 応答メッセージは流れるが録音はできない。市学校教育課TEL0794・82・2000

(篠原拓真)

三木の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ