三木

  • 印刷
協議会の冒頭であいさつする仲田一彦市長=神戸電鉄本社
協議会の冒頭であいさつする仲田一彦市長=神戸電鉄本社

 2018年3月に下り駅舎が焼失した神戸電鉄三木駅(兵庫県三木市)の再建について議論する「三木駅再生検討協議会」が17日、神戸市兵庫区の神戸電鉄本社で開かれた。駅舎再建については、1億円を超える寄付が届けられている。この日は、新駅舎の整備に関して、外観のデザイン案や平面計画案などを承認した。(大橋凜太郎)

 協議会は18年3月に発足し、4回目。三木市の仲田一彦市長が会長を務め、神鉄の寺田信彦社長ら計4人で構成する。協議会の冒頭、仲田市長は「1億円を超える寄付を頂いている。地域の方々、寄付者に思いをはせて議論してほしい」とあいさつ。続いて駅舎の平面計画や外観デザインなどについて協議した。

三木の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ