三木

  • 印刷
内製化に合わせて導入した編集ソフト=三木市役所
拡大
内製化に合わせて導入した編集ソフト=三木市役所
内製化に合わせて導入した編集ソフト=三木市役所
拡大
内製化に合わせて導入した編集ソフト=三木市役所

 兵庫県三木市は、製作工程の一部を外注していた広報紙「広報みき」について、8月号から印刷以外の全てを市役所内で行う「内製化」を始めた。紙の値段が高騰する中、コスト削減や業務の効率化が狙いで、文字の形が分かりやすく読みやすい書体「ユニバーサルデザイン(UD)フォント」も導入した。

 同市ではこれまで、文書やプレゼンテーション資料の作成に適したソフトを使って自前でページの原型を作り、レイアウトやデザインの調整は印刷会社に任せていた。データのやりとりや確認作業に膨大な時間がかかるほか、食い違いが生じることもあった。

 近隣市で内製化が進んでいることもあり、実施することに。昨年から職員が編集ソフトの使い方を学ぶなどして準備を進め、7月からソフトを使い始めた。UDフォントも同時期に取り入れた。

 市秘書広報課は「まだ手探りだが、情報誌も参考にして良いところを吸収し、さらに読んでもらえる広報紙を目指す」としている。(大橋凜太郎)

三木の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ