三木

  • 印刷
昨年、本宮で練り合わせた各地区自慢の屋台=2019年10月、岩壺神社
拡大
昨年、本宮で練り合わせた各地区自慢の屋台=2019年10月、岩壺神社

 岩壺神社(兵庫県三木市岩宮)の氏子らは10月17、18日に予定していた秋祭りを中止することを決めた。7台の屋台が練り合わせる豪勢な祭りだが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、「3密」を回避しつつ開催するのは困難と判断した。

 同神社の秋祭りには、氏子6地区に加え、近隣の若宮八幡宮の氏子、宿原地区の屋台も参加。宵宮では同市本町2の中央公民館駐車場に7台が集結するほか、宮入りの様子を収めようと訪れる写真愛好家も多い。

 開催については各地区の代表者が協議し、6月下旬の会議ではいったん保留になった。8月下旬に結論を出す予定だったが、感染者の急増を受けて1日に臨時会議を開き、中止を決めた。氏子地区の一つ「大手町」の増田純一区長(67)は「3密を避ける祭りは考えられない。今の状況では、来年、再来年の開催も不安になる」と声を落とす。

 同神社の責任役員によると、中止は昭和天皇が体調を崩された1988年以来という。子どもによる奉納相撲も中止にするが、10月16、17日には神事と浦安の舞のみ執り行う。(大橋凜太郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 40%

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ