三木

  • 印刷
地蔵作りの指導をする公彩さん(右)=アトリエ公彩
拡大
地蔵作りの指導をする公彩さん(右)=アトリエ公彩
地蔵の顔を描く女性。ほほ笑むような笑顔になった=アトリエ公彩
拡大
地蔵の顔を描く女性。ほほ笑むような笑顔になった=アトリエ公彩
本焼きなどを終えて完成した地蔵=アトリエ公彩
拡大
本焼きなどを終えて完成した地蔵=アトリエ公彩

 世界に一つだけの地蔵を作りませんか-。兵庫県三木市宿原のアトリエ公彩が信楽粘土から地蔵を手作りする体験教室を始めた。粘土を丸めるなどして形作り、地蔵の顔も一から描く。講師を務める公彩さん(63)=本名・各務公子さん、三木市=は「無心で作ることで心も落ち着いていく。多くの人に楽しんでほしい」と話す。(篠原拓真)

 20歳の頃に陶芸を始めた公彩さんは、初めて個展を開いた13年前から地蔵を創作する。アトリエは夢だった窯を持つことが決まり、今年5月にオープン。「窯を持つ喜びを皆さんにも」と6月から教室を始めた。

 「無心で丸めるときれいな丸になる」。5日に開かれた教室では、女性3人が地蔵作りに挑戦した。粘土を手で丸めて頭を作り、形を整えた胴体に乗せる。手や耳を付けると次第に地蔵らしくなっていく。

 顔はつまようじで描き、3人の作品はいずれもほほ笑むような顔に。公彩さんが「お地蔵さんの顔を笑うように描く時は、自分も笑顔になっている」と話すと、女性らは「ほんまや」と互いの顔を見合った。

 教室では、約1時間で2体の地蔵を作る。素焼きや本焼きなどを経て、完成は約2カ月後。ミニ座布団とともに渡される。感染予防にも注意を払っており、公彩さんは「地蔵を作る喜びを感じて、こういう時期だからこそ心を癒やしてほしい」と呼び掛けた。

 参加費3500円(税込み)。隣接する「おうちごはんcafe(カフェ)そらまめ」のケーキセットが付く。制作日は毎週水曜で、午前10時~午後3時の間で希望する1時間を選ぶ。8、12、19、22、29日は参加費千円で夏休みの親子向け教室を予定する。予約などはそらまめTEL0794・60・9300へ。

三木の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ