三木

  • 印刷
試飲会で提供された「ハル」。こなやでも購入できる=地域交流施設「みんなのひろば おおきなき」
拡大
試飲会で提供された「ハル」。こなやでも購入できる=地域交流施設「みんなのひろば おおきなき」

 三木産大麦100%使用のクラフトビール「ハル」の試飲会が11日、兵庫県三木市緑が丘町中2の地域交流施設「みんなのひろば おおきなき」であった。三木産地ビールを目指す取り組みで、醸造第2弾として完成した分を提供。フルーティーな飲み口にしっかりと苦みを感じる味に、参加者は夏の暑さを忘れるように飲み干した。

 「ハル」は生大麦粉などの販売を手掛ける「こなや」(三木市志染町西自由が丘1)が明石市の地ビール店に醸造を依頼し製造。三木産大麦を栃木県の工場で麦芽にして使用している。

 試飲会で、ビールはサーバーから直接グラスに注いで渡された。黄金色に輝くビールに口を付けたパートの女性(51)=神戸市兵庫区=は「フルーティーさが残り苦みがまろやか。初めて飲む人にもいいかも」と称賛した。

 第3弾は8月に醸造が完了する予定。こなやの垂井健さん(73)は「次はアルコールと苦みを少し抑え、香りを強くしたい」といい、9月8日午前11時から同じ場所で試飲会をする。

 ホップなどの原材料、醸造といった製造工程も含め、垂井さんは「全てを三木で手掛けたビールを造りたい」と目標を語り、「少しずつでも前に進めていきたい」と力を込めた。(篠原拓真)

三木の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ