三木

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県は21日、加東健康福祉事務所管内で6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち、10歳未満の男児について、同県三木市は緑が丘東小学校の児童と公表。社会福祉法人秀楽会(三木市別所町興治)は、4人はデイサービス利用者や職員と説明した。既に感染が判明していた利用者と合わせ、施設内の感染者が5人に上るといい、クラスター(感染者集団)が発生したとみられる。

 県や市などによると、秀楽会に関連する4人はいずれも熱や下痢などの軽症。男児と同所管内の60代の会社員男性は無症状という。

 秀楽会は80代の施設利用者2人と50~60代の職員3人の感染判明を受け、20日から特別養護老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅への外部からの入室を禁じ、感染判明が相次いだ「しゅうらく苑デイサービスセンター」を休止した。

 同日時点で他に体調不良者は確認されていないといい、今後、「利用者ら79人のPCR検査結果を見て判断したい」とする。

 緑が丘東小は21日を臨時休校として校内を消毒。同級生や同じ集団登校班の児童50人と教職員4人が濃厚接触者として、学校敷地内で同健康福祉事務所によるPCR検査を受けた。

 市教委は21、22日の同校の学童保育受け入れを休み、学校再開については検査結果などを基に決めるという。

 同事務所管内(北播磨地域)の感染確認は44人となった。(篠原拓真)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ