三木

  • 印刷

 兵庫県三木市の緑が丘東小学校の児童が新型コロナウイルスに感染したことを受け、濃厚接触者とされた他の児童や教員54人についてPCR検査をした結果、全員が陰性だったことが24日、分かった。また、利用者らの感染が確認された社会福祉法人秀楽会(三木市別所町興治)は同日、濃厚接触者79人のうち、陽性が確認されたのは、23日に県が発表した60代の女性利用者のみだった、と公表した。

 緑が丘東小では、男子児童の感染を受け、21日を臨時休校として校内を消毒。25日まで休校を続け、26日から学校を再開する。また、濃厚接触者については、陰性が確認されたものの健康観察のため、9月1日まで出席停止にするという。

 秀楽会では、陰性が判明した利用者には2週間の健康観察を依頼し、職員は自宅待機させる。運営するサービス付き高齢者向け住宅は、健康観察の期間を終えるまで利用者の出入りを禁止に。利用者と職員6人の感染が確認された「しゅうらく苑デイサービスセンター」については「状況を見ながら再開時期を判断したい」とした。(篠原拓真)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

三木の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ