三木

  • 印刷
2019年度決算の経常収支が赤字に転落した北播磨総合医療センター=小野市市場町
拡大
2019年度決算の経常収支が赤字に転落した北播磨総合医療センター=小野市市場町

 北播磨総合医療センター(兵庫県小野市市場町)が発表した2019年度決算は、経常収支が1億4300万円の赤字となった。医師、看護師らの新型コロナウイルス感染で3月に2週間休診したためで、前年度から4億8100万円悪化した。経常収支が赤字になるのは3年ぶり。高齢者の受診控えなどによって4~7月も約5億円の減益で、20年度決算の赤字は約7億円に上る見通し。(笠原次郎)

 同センターは13年に開業。13、14年度は初期投資などで4億円台の赤字だったが、15年度は9千万円に減り、16年度には2400万円と初の黒字を達成した。

 黒字額は18年度には3億3800万円に達した。

 19年度は医師らの新型コロナウイルス感染が分かり3月12~25日に休診。3月の患者数は前年比で約3割減少し、診療収入も前年比で約4億円減った。

 黒字額が過去最高となり、経営が安定した18年度には、それまで単年度ごとに計上してきた退職金の給付引当金を4年分(約1億2千万円)繰り上げて処理していた。

 19年度は同ウイルスの影響で経営が圧迫されているため、4年分の繰り上げ処理を中止した。

 病院を運営する企業団の監査委員は意見書で「本来は本年度で繰り上げて処理すべき特別損失(約1億2千万円)が処理されておらず、課題を残している」とした。

 19年度決算は、2日に開かれた同センター企業団議会定例会で認定された。

三木の最新
もっと見る

天気(11月1日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 21℃
  • 7℃
  • 30%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ