三木

  • 印刷
「畑からそのまんま」をテーマに、ながしお農場が開発したジュレプリン=吉川温泉よかたん
拡大
「畑からそのまんま」をテーマに、ながしお農場が開発したジュレプリン=吉川温泉よかたん

 ながしお農場(本社・兵庫県三木市吉川町福吉)が、同県三田市にまたがるハウスで育てたイチゴなどを使った「ジュレプリン」を開発した。「畑からそのまんま」をテーマに、原材料は極力農場内で調達。自前で加工し、三木市吉川町吉安の吉川温泉よかたんで販売している。(大橋凜太郎)

 同農場はイチゴ狩りをメインに打ち出す観光農園で、ブルーベリーやイチジクなども栽培。敷地内で飼育する鶏約100羽は、新鮮な有精卵を産む。

 自慢の卵も看板商品にしたいと考えたが、餌代がかさむため、単価が高く思うように売れなかった。それでも鶏への思い入れは強く、多くの人に味わってもらおうと活路を見いだしたのが加工食品だった。

 開発は、かつてシフォンケーキを商品化した経験がある永塩京子専務(47)が担った。吉川町商工会が派遣したフードコーディネーターの助言も受け、取れたての果実を使って1年中販売できるジュレプリンが最善と判断した。

 ジュレはさまざまな凝固剤を試し、プリンはオーブンの焼き上げ時間を調整。食べ進めるうちに双方が溶け合うような固さを目指し、試作を繰り返した。予想以上に必要となった卵も地元生産者の協力で十分な個数を確保。今月、ジュレプリンの販売を始めた。

 「湯上がりにその場で食べてもらいたい」と京子専務。永塩有社長(47)は「将来的には、農園直営のカフェを開きたい。これからも加工食品を開発し、メニュー候補を探していきたい」と話している。

 販売は土日祝のみ。1個380円。イチゴ、ブルーベリー、イチジクの3種で、収穫量によって品ぞろえは変わる。吉川温泉よかたんTEL0794・72・2601

三木の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ