三木

  • 印刷
閉校式典の素案などが示された第2回実行委員会=三木市志染町井上、志染町公民館
拡大
閉校式典の素案などが示された第2回実行委員会=三木市志染町井上、志染町公民館
会場に卒業生からのメッセージを並べる構想を明かすメンバー
拡大
会場に卒業生からのメッセージを並べる構想を明かすメンバー

 来春に統合予定の志染中学校(兵庫県三木市志染町井上)で、卒業生らが閉校式典を企画している。式典とイベント形式といった2部制での開催を模索中で、記念誌や記念碑を作る構想も。卒業生や恩師からメッセージを募って会場に掲示する計画も練っている。(大橋凜太郎)

 同校は1947年に志染小内に併設され、1962年に現校舎が完成した。「一人一鉢菊栽培」といった特色のある取り組みを続け、昨年度までに4406人が巣立った。一方現在の全校生徒は38人、そのうち1年生は3人にとどまり、小規模校として緑が丘中学校(同市緑が丘町東4)との統合が決まっている。

 統合への準備が進む中、卒業生の有志は「強い思い入れがある学校。思い出に残る式典を開催することで、歴史ある志染中に感謝を示したい」と記念式典の開催を検討。準備会を経て、8月に実行委員会を立ち上げた。

 第1回の実行委員会では、会長、副会長を選出し、事業の概要を確認。9月下旬に行った第2回では、式典の素案について話し合ったほか、メンバーからは、卒業生から募ったメッセージで会場の一部を埋め尽くす案も出た。

 実行委員会会長の藪本耕一さん(64)=三木市=は「閉校ということでしんみりすると思うが、志染中のふるさとの思い出を未来につなげて希望にあふれる式典にしたい」と意気込む。第3回実行委は10月下旬を予定している。

三木の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ