三木

  • 印刷
特産品購入を目的にした購入券をPRする関係者=道の駅みき
拡大
特産品購入を目的にした購入券をPRする関係者=道の駅みき

 兵庫県三木市は新型コロナウイルス感染症の影響で減少した観光需要の回復を図るため、10月から特産品購入促進事業を始める。道の駅みきと山田錦の館で実施し、特産の日本酒や菓子など千円分の商品を購入するごとに200円分の「おみやげ購入券」を贈る。購入券は発行された施設のみで使用できる。関係者は「この機会に三木の特産品を味わって」とアピールする。

 市は消費拡大と誘客促進を目的に約750万円の予算を確保しており、道の駅みきと山田錦の館に補助する。同購入券は両施設がそれぞれ発行する。

 購入券の有効期限は、道の駅みきが来年1月31日まで、山田錦の館が12月31日まで。タバコや商品券など換金性の高いものや、飲食店の支払いに使うことはできない。

 券の進呈は各施設で枚数に達し次第終了する。道の駅みきでは、金物展示即売館などの5店舗で発行と利用ができるといい、約1万8千枚(約360万円分)を用意。大西裕駅長は過去に同様の事業を行った経験から、11月ごろには発行を終える可能性を想定し、「早めの買い物を」と呼び掛ける。

 大西駅長は「三木に来てもらい、買い物を楽しんでもらいたい。(三木市民も含め)特産品を改めて知るきっかけに」と話している。(篠原拓真)

三木の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ