三木

  • 印刷
力強いスイングでボールを前に飛ばす児童たち=美奈木ゴルフ倶楽部
拡大
力強いスイングでボールを前に飛ばす児童たち=美奈木ゴルフ倶楽部
人型ロボット「ペッパー」が子どもたちに三木のゴルフ場について説明した=美奈木ゴルフ倶楽部
拡大
人型ロボット「ペッパー」が子どもたちに三木のゴルフ場について説明した=美奈木ゴルフ倶楽部

 三木市ゴルフ協会(兵庫県三木市)によるゴルフ場体験が6日、同市口吉川町大島の美奈木ゴルフ倶楽部(くらぶ)で開かれた。口吉川小学校の4年生12人と保護者が参加し、アイアンでのショットやグリーンでのパターに挑戦。施設で使う芝刈り機などの説明も受け、ゴルフへの関心を高めた。

 西日本最多となる25のゴルフ場を誇る同市。「ゴルフのまち・三木」への理解と親しみを深めてもらおうと、同協会が2016年から、小学生らが参加するゴルフ場体験を続けている。

 美奈木ゴルフ倶楽部では、到着した児童らを人型ロボット「ペッパー」がお出迎え。ペッパーは来年3月開催予定の全国高校・中学校ゴルフ選手権春季大会(春高ゴルフ、春中ゴルフ)などについて紹介し、児童らを送り出した。

 その後、300ヤード先まで広がる練習場に移動し、アイアンでボールを強打。最初は戸惑っていた子どもたちも指南を受けると慣れ、70ヤードを超えたり、30ヤードの表示板に当てたりする子も。グリーンではパターに挑戦し、白球がカップに入ると「よっしゃ」とガッツポーズをする様子が見られた。

 「70ヤードまで飛んだ」と胸を張る男児(9)。「思いっきり飛ばすのが楽しかった。ゴルフをやってみようかなとちょっとだけ思った」と笑顔で話した。(篠原拓真)

三木の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ