三木

  • 印刷
「学校探検」で親睦を深める児童たち=みなぎ台小
拡大
「学校探検」で親睦を深める児童たち=みなぎ台小
サイエンスショーを楽しむ子どもたち=みなぎ台小
拡大
サイエンスショーを楽しむ子どもたち=みなぎ台小

 来春以降に学校統合を控える吉川地域の4小学校が8日、集約先のみなぎ台小(兵庫県三木市吉川町みなぎ台1)で交流事業をした。通学練習も兼ね、全児童約200人がバスか徒歩で同小まで登校。みなぎ台小の児童が学校内を案内する「学校探検」やものづくり体験を通じて親交を深めた。(大橋凜太郎)

 市教育委員会の学校再編実施方針では、中吉川小(同町大畑)と上吉川小(同町前田)は2021年度、東吉川小(同町市野瀬)は22年度以降にみなぎ台小に集約する-となっている。

 交流事業は子どもたちの不安を取り除こうと開催。みなぎ台小を除く3小学校はバス通学となるため、統合前に課題を洗い出す必要もあった。

 同小に到着した児童約200人は体育館に集合。各学校の特色が伝わるクイズを披露し合って、場を和ませた。1~4年生は体育館に残ってリズム遊びやじゃんけんゲームで交流。5、6年生はネクタイの制作などものづくりに取り組んだ。

 4年生以下は学年別に分かれて教室に移動すると、自己紹介。級友の名前でしりとりをしたり、あいうえお作文で学校の魅力を紹介したりと、工夫を凝らした。みなぎ台小の児童が先導する「学校探検」では、特徴的な吹き抜けのホールや各教室を巡った。

 お笑いコンビ「ボルトボルズ」によるサイエンスショーもあり、児童らは空気砲を使った実験などに見入っていた。

 上吉川小3年の男児(8)はこの日はバス通学になり、普段より自宅を出る時間が遅くてすんだという。「いつもより楽だった。学校探検ではみなぎ台小の子にいろいろ教えてもらい、ここで勉強するのが楽しみになった」と話した。

三木の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ